1957年に「生の舞台をこの北九州で観たい」と願う人々によって誕生した、会員制の演劇を観る会です

北九州市民劇場 

ホーム私たちの歴史入会のご案内年間スケジュール例会場アクセス事務局


 
【11月のお知らせ】 
*12月分会費受付期間*
   11月24日から11月30日まで
  会費受付期間中、11月26日(土)も10:00から15:00まで開局します


年末サークル懇話会*
  会費受付期間(11月24日~11月30日)に、年末サークル懇話会が開かれます。
  この1年を振り返り、芝居のことや運営サークルのことなどを語り合いましょう。
  2023年度例会決定の報告もあります。
  サークルで複数参加して、来年への期待を膨らませましょう
  代表の方は、11月15日までに出席人数を確認の上、先月、お預けしたハガキを返信してください。
  



 2022年11月例会 2023年  1月例会 
   
 こまつ座 

「イヌの仇討」

  前進座 

 人情噺「文七元結」・狂言舞踊「棒しばり」
*日    程*
    
 11月15日(火) 15:30  16日(水) 13:30 
 11月16日(水) 18:30   17日(木)   13:30 
 11月18日(金) 13:30   19日(土) 12:30 
  
 *日    程*

 1月31日(火) 18:30  2月 2日(木) 13:30 
 2月 3日(金) 13:30      4日(土)  13:30 
 2月 5日(日) 13:30      6日(土)  12:30 
    
   原作=井上ひさし  
   演出=東憲司  
   出演=大谷亮介 彩吹真央 俵木藤汰 三田和代 他  
 ときは元禄15年12月。場所、吉良屋敷。御勝手台所の炭部屋兼物置。あちこちから犬の遠吠え。せかされるように闇が迫り、赤穂浪士の声「もと播州赤穂浅野内匠頭家来ども、亡き主君のうっ憤を晴らさんがため推参!尋常に勝負せよ!」どちらの家来も忠義を表す場所はここぞとばかり。だが何故か、長持の中に盗人新助。なぜ、吉良家に入ったかの問答が始まる。
     作=三遊亭圓朝  
    演出=小野文隆  
    出演=藤川矢之輔 只村臣弥 早瀬栄之丞 他  
  圓朝の落語から。左官・長兵衛は無類の酒と博打好き。
 今日も身ぐるみ剥がされ帰ってきた。娘のお久はそんな父親が情けなく。吉原に身を売り、長兵衛は「1年働いて返す」と50両を借りる。その帰り、手代風の若者、文七が川に身を投げようとしている。 そこで・・・。
狂言舞踊「棒しばり」との二本立てです。

Copyright(C) 北九州市民劇場. All Rights Reserved.